花実みっけ

お花だいすき!

ピンクの園だと思っていたけど

ポンポン百日草は、ピンクしか咲かないと思っていました。

f:id:haru_e-hana:20201021140902j:plain

ポンポン百日草はブログ開始以前の2018年から育てています。そもそも2018年の段階で、今の分類でいうところの「ピンク」の系統と「白」しか咲きませんでした。そして、2019年、2020年と、見事にピンクしか咲きませんでした。だから、もうポンポン百日草で見られる色は、ピンクのみだと思っていたのです。

ところが今年! 7月10日土曜日、白いポンポン百日草らしきものが咲いているのを発見しました。ハルハナは思いました。「サマードレスだね、きっと! ちょ~っと黄色い花の開花が早いだけで、これから舌状花がどんどん大きくなるに違いないよ!」と。

しかし翌日11日、白いサマードレス(仮)は、白いポンポン百日草になっていたのです。これ以上、舌状花が伸びる気がしない!

f:id:haru_e-hana:20210711215716j:plain

なぜ急に、白いのが咲いたのでしょう? もしかしたら、パッケージでのみ見た、赤や黄色のポンポン百日草に会える日もくるのかもしれません。この楽観的な希望の理由は、白のみではないのです。

 

サマードレスの隣に咲くポンポン百日草をご覧ください。

f:id:haru_e-hana:20210711215726j:plain

このカラーも、初めて見るのです。こんなに濃く、写真だとわかりませんが、ツヤがあるようなピンクのポンポン百日草は、これまでありませんでした。だいたいが、サマードレスと同じようなピンクなのです。ややオレンジっぽかったりしますが、だいたいふんわり柔らかい色合いでした。それが、ビビッドカラーを生み出したのです!

メンデルの法則! 顕性潜性! きっとこれからも、未知のカラーが出てくるはずだ! 今年はたぶん、これが最後のカラーだと思うけど。

 

丸2年の「ぴんくばっかりつっまんなーい」を経て、3年目、楽しいことになってきました。